バクテリアセラピストの認定書が届きました

お久しぶりです。

谷川歯科医院の小林一久です。

先日バイオガイア社主催のバクテリアセラピーのセミナーに参加してきました。

バイオガイア社はスウェーデンのバイオテクノロジー企業です。その歯科部門の東京支社に行ってきました。

歯科のセミナーでは珍しく家一軒がセミナーハウスになっていました。家の内装も全てがスウェーデンらしくなっていました。(行ったことないですが…)

 

 

バクテリアセラピーとは人間の体内に健康状態を左右する菌が存在していて、それらのバランスや質を改善する事で病気の予防や改善を目指すという考え方です。

 

微生物である善玉菌を利用して歯周病、虫歯の細菌を減らそうという今までの予防方法とは違った角度からの治療方法です。

 

従来細菌を減らすとなると抗生物質(アンチバイオティクス)を用いて細菌を急激に減らしていました。がそれは同時に善玉菌も減らしたり、薬剤が効かない耐性菌を生み出すなどの副作用が起きていました。

 

それに対してプロバイオティクス(十分量を摂取したときに宿主に有益な効果を与える生きた微生物)の中でも歯科の領域で効果が証明されているロイテリ菌は、副作用がなく悪玉菌を減らし、妊婦やお子さんにも安心して虫歯や歯周病の予防に使用できます。

 

虫歯も歯周病もセルフクリーニング(歯磨き)とプロフェッショナルクリーニング(歯石とり等)が基本ですが、治療の新たなオプションとしてロイテリ菌は非常に有効な治療法であると思います。

 

興味のある方はぜひ小林まで

シェア

あいうべ体操マスターコース

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

みなさんは『あいうべ体操』をご存知ですか?

あいうべ体操はみらいクリニックの院長である内科医の今井一彰先生が考案した体操で、舌の筋肉を鍛えることにより口呼吸を鼻呼吸に改善するための体操です。

今回、私はこのあいうべ体操のマスターコースに参加しました。

日々患者さんを診ている中で、口の中が乾燥している患者さんはむし歯予防や歯周病予防を指導しても改善が難しいことがあります。
また、自分の子供がぽかんと口を開けているのを見るとむし歯や歯肉炎だけでなく歯並びへの影響も気になって、なんとか閉じさせたいという気持ちになります。

そういったこともあって、あいうべ体操に興味を持って本を読んだり調べているうちにマスターコースの存在を知り、受講することに決めました。

 

マスターコース受講者は歯科医師、薬剤師、看護師など色々な業種の方が集まっていました。

薬剤師の方は「患者さんへの薬剤の無駄な処方を減らしたい」、歯科医師の方は「予防することで歯を削ることをできる限り減らしたい」、など熱い気持ちを語っていて、みんな分野は違えど同じ目標に向かっていると感じました。

今井先生自身も元々はいかに患者さんが病院に来なくて済むようするかを考えてあいうべ体操を考案したそうで、とにかく講演者、受講者ともにコースに参加しているみなさんから「予防したい」という気持ちを強く感じました。

 

歯科では口呼吸はむし歯や歯周病、歯並びに悪影響を与える因子のひとつとされています。

口呼吸の状態が続くと口の中が乾燥してプラークが溜まりやすくなり、だ液の自浄作用や抗菌作用がうまく働かなくなります。
その結果、むし歯になりやすくなったり歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。

また、長期間の口呼吸では上あごが狭くなったり、上下の歯がかみ合わなくなったり、下あごが前に突き出るようなかみ合わせになったりと、歯並びにも大きな影響を及ぼすことがあり、特に幼少期は顔面領域の発育にも影響を与えるので歯並びの影響が出やすいと考えられます。

 

口呼吸による弊害は歯科では昔から言われていましたが、今まではただ「口呼吸をなくすようにしましょう」と言うだけで具体的な対策はほとんどありませんでした。
口が乾燥している患者さんにだ液が出やすくなるマッサージを指導することはありましたが、口呼吸を改善するような指導はなかなかできませんでした。

しかし、これからは口呼吸がある患者さんにあいうべ体操を指導することができます。

あいうべ体操の最大の利点は誰でも簡単にできるというところです。

また、あいうべ体操は元々は「鼻呼吸で健康になる」ことを目的に考案されたものです。

なので、予防歯科のために限らず、ぜひ多くの方に試していただきたいです。

 

今井先生はこのあいうべ体操を広めて病気で困っている人を一人でも多く助けたいと思っているそうです。

そしてこれを一人で広めることは難しいので、あいうべ体操を広めるアドバイザーを育成するためにマスターコースをおこなうこととなったそうです。

マスターコース受講後に認定試験を受けて合格すれば《あいうべ体操アドバイザー》としてより多くの方にあいうべ体操を広めることができるのですが、私も晴れてアドバイザーとなることができました。

今後は今回得た知識を生かして、より良い予防歯科を提供したいと思います。

興味のある方はぜひご相談下さい。

シェア

お子さんのむし歯予防のために②

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

前回、前々回とむし歯についてお話してきました(→ 『お子さんのむし歯予防のために①』、『どうやってむし歯ができるのか?』)が、今回はさらに食生活とむし歯についてお話したいと思います。

 

前回、むし歯のリスクファクターに食生活があるとお話しましたが、具体的にはどういうことでしょうか。

下のグラフは規則正しい食生活をする人のプラークのpHの変化と、食生活が不規則な人のプラークのpHの変化を比べたものです。

規則正しい食生活、飲み物は水かお茶

 

不規則な食生活、甘い飲み物も飲む

グラフの青い部分が再石灰化が起こる領域、赤い部分が脱灰が起こる領域、黄色は乳歯において脱灰が起こる危険性が高い領域です。

2つのグラフを見比べてみると違いは一目瞭然です。

下の不規則な食生活のグラフの方は脱灰がおこる頻度と時間がかなり長くなっていることが分かると思います。また、再石灰化が起こる時間が規則正しい食生活のグラフと比べて少ないことも分かります。

乳歯だと黄色い部分も脱灰が起こる危険性が高いので、さらに脱灰の量が増えます。

むし歯は脱灰に再石灰化が追い付かなくなった時にできるので、不規則な食生活ではかなりリスクが高くなるのです。

 

以上のことから分かるように

  • おやつは2回以下におさえる
  • だらだら食いをしない
  • 甘い飲み物は食事かおやつと一緒にし、他は水かお茶にする

ということはむし歯を予防する上ではとても重要です。

 

不規則な食生活というとお子さんの場合、時間を決めずにお菓子をちょくちょく食べさせるといったことや、冷蔵庫にジュースやスポーツドリンクが常備されていて欲しがればそれを飲ませるといったことなどが考えられますが、これらは改善すべきポイントです。

こういったことを日常的に行って、3歳になるころには多くの歯が虫歯になってしまったというお子さんを何人も見たことがあります。

食生活は習慣的なものなので、日ごろから気を付けて習慣化すればずっと気を付けられますし、日ごろから不規則な食生活をしていればずっと不規則なままです。

普段きちんとしていればたまに不規則な日があってもそれほど心配ありませんが、ときどき気を付けるようにしてもあまり意味はないということですので、規則正しい食生活を習慣化できるように意識しましょう。

むし歯予防のためだけでなく、全身の健康のためにも大切なことですね。

 

さて、ここからは余談ですが、「間食はしないしジュースも飲まないし歯もしっかり磨いています」とおっしゃるのにむし歯が多い方(大人も子供も)もいます。

むし歯のできやすさはだ液の質や量にもかなり左右されるので、そういったことが理由となっている場合もあります。

しかし、意外と盲点になっているのは飴やタブレット菓子(フリスクやミンティアなど)です。

こういったものにはむし歯になりにくい代用甘味料が使われていることも多いのですが、歯が磨けていて「おやつは食べません」と言っているのにむし歯が多いという方の中には、のど飴やタブレット菓子をたくさん食べるという方が結構います。

もし心当たりがある場合は、できればやめるか、あるいはキシリトールが多く(少なくとも50%以上、できれば100%)配合されているガムやタブレットに変えてみることをおすすめします。

キシリトールについてはまた別の機会にお話できればと思います。

シェア

どうやってむし歯ができるのか?

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

前回は大人から子供へむし歯菌がうつるので、家族全員でお口のケアをしましょうというお話をしました。(→お子さんのむし歯予防のために①

むし歯予防のお話の続きをする前に、今回はいったん『どうやってむし歯ができるのか』についてお話したいと思います。

 

むし歯は、歯、むし歯菌、糖分(炭水化物)、時間の4つが揃うことでできます。

歯の表面でむし歯菌が増えるとプラーク(歯垢)ができます。
このプラークのpHは普段は中性に保たれています(pH7ぐらい)。
食事などで糖(炭水化物)を摂取すると、プラーク中のむし歯菌がそれをエサにして増殖すると同時に副産物として酸を作り出すため、プラークのpHが酸性になります。
糖(炭水化物)が供給されている間はプラークのpHは酸性のままですが、飲食が終わればだ液の持つ力によって再び中性に戻ります。

pHがある一定以下になると歯からカルシウムやリン酸が溶け出す《脱灰》が起こり、一定より高くなれば溶け出したカルシウムやリン酸が再び歯に取り込まれる《再石灰化》が起こります。

脱灰と再石灰化

通常はこの脱灰と再石灰化のバランスがうまく取れていることでむし歯にならずに済んでいますが、このバランスが崩れて脱灰の量が再石灰化を上回るとむし歯になるのです。

下の図は、糖を摂取したあとのプラークのpHの変化をグラフにしたものです。

プラークのpHの変化

脱灰が起こりはじめるpHを『臨界pH』といい、永久歯のエナメル質の臨界pHは5.5です。

ちなみに永久歯の象牙質やセメント質の臨界pHは6.0~6.2、乳歯や生えて間もない永久歯の臨界pHは5.7~6.2と言われています。

上の図の赤い部分はエナメル質の脱灰が起こる範囲で、黄色とオレンジの部分は乳歯や象牙質の脱灰が起こり得る範囲です。
永久歯と比べると乳歯の赤い部分の面積は大きく、脱灰されやすいことが分かります。

また、永久歯の象牙質は乳歯と同じくらい脱灰しやすいということも分かります。
つまり、歯ぐきが下がって歯根が露出していると、酸に弱い象牙質やセメント質が露出しているため、むし歯になりやすいのです。

 

さて、脱灰と再石灰化、臨界pHについてなんとなくお分かりいただけたでしょうか。

脱灰と再石灰化のバランスが崩れてむし歯ができるまでには様々な要因があり、それらが重なることでむし歯になります。

  • 食生活
  • だ液の量と質
  • プラークの量
  • 口の中のむし歯菌の数
  • 歯の質

などはむし歯の主なリスクファクターとなります。

自分にどんなむし歯リスクがあるのかを知ることは、予防対策を練るうえでとても大切なことです。

今むし歯がない人でも、年齢を重ねたり生活環境が変わることでリスクが増えることもあるため油断は禁物です。

当たり前のことですが、むし歯を治療しても元のむし歯のなかった健康な歯に戻ることはないので、むし歯にはならないようにすることがいちばんです。

そのために、自分のむし歯リスクを知って、しっかりと予防しましょう。

 

むし歯リスクのうち、食生活の話については次回お話したいと思います。

シェア

お子さんのむし歯予防のために①

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

少し前にテレビで、
「赤ちゃんの腸内には産まれる直前まで細菌はいない」
「産道を通って産まれてくるときにお母さんの腸内細菌をもらって産まれてくる」
という内容の番組を見て、むし歯の原因菌のことを思い出しました。

 

みなさんはむし歯の原因菌(主にミュータンス菌)がうつるという話はご存じでしょうか?

小さいお子さんを持つお母さんですと、いろいろなところでそういった情報を見たり聞いたりするかもしれません。

 

産まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。

ある研究グループが
【生後19か月~31か月の赤ちゃんがミュータンス菌に感染しやすい】
ということを発見し、この時期を『感染の窓』と名付けました。

この『感染の窓』の時期に赤ちゃんの口の中に多くのミュータンス菌が定着すると、成長してからも口の中のミュータンス菌の割合が多い状態になってしまいます。

そのため、特に3歳ぐらいまでの小さいお子さんへ大人のミュータンス菌をうつさないように配慮することがとても大切です。

  • スプーンやフォーク、お箸、コップなどをできるだけ共有しない
  • 一度自分の口に入れた食べ物を子供に与えない(かんで柔らかくしてからあげるなど)
  • 食べ物を冷ますときにフーフーしない
  • 子供のお口にキスをするのはできるだけ避ける

などといったことを周りの大人が配慮することで感染のリスクは減ります。

 

しかし、もちろん3歳までにむし歯菌に感染しなければ絶対にむし歯にならないということはありませんし、そもそもむし歯菌に絶対感染しないということが極めて困難なことだと思いますので、あまり神経質になりすぎるのも禁物です。

 

上に書いたような配慮も知っておいて欲しいことですが、最も知っておいて欲しいのは、
【子供にむし歯菌をうつしにくくするには《子供の周りの大人たち(両親や祖父母など)がしっかりとお口のケアをすること》が何よりも大切である】
ということです。

子供の乳歯が生える期間(3歳ぐらいまでの間)にお母さんの口の中のむし歯菌を減らすように予防をすると、予防をしない場合に比べて子供の”ミュータンス菌の検出率”と”むし歯の数”が少なく、その影響は7歳ぐらいになっても続いていたという報告があります。

要するに、《お母さんがしっかりむし歯予防をすれば、子供がむし歯になりにくくなる》ということです。

 

お箸やスプーンの共有をしない、冷ますときにフーフーしない、子供にキスしないなどといったことは+αの配慮で、メインではありません。

お子さんがむし歯になりにくくなるために、まずは周りの大人が口腔管理をしましょう。

例えば、

  • むし歯があれば治療する
  • 毎日歯みがきをしてむし歯菌のすみかであるプラーク(歯垢)を落とす
  • 定期的に歯科医院で歯石除去などクリーニングをする

などといったことから始めてみてはいかがでしょうか?

この他にキシリトール(50%以上)配合のガムをかむことでミュータンス菌の母子感染を減らすことができたという報告もあるので、そういった方法もおすすめです。

 

自分の口腔ケアをすれば子供のためにもなるのですから一石二鳥ではないでしょうか。

ちなみに、「もう子供(孫)は3歳過ぎちゃったから関係ない」と思った方もいるかもしれません。

しかし、歯周病菌は何歳になってもうつります(親子間だけでなく恋人間、夫婦間などでも)ので、歯周病菌を減らすためにもしっかり口腔ケアをしましょう。

シェア

技工士さんとの連携を大切にしています

明けましておめでとうございます。谷川歯科医院 副院長の小林です。

2018年最初のブログは歯科技工士についてです。

歯科技工士は、歯科医師が患者さんの歯や口の中の型を採ってできた模型をもとに、手作業で被せ物や詰め物や入れ歯などを作る、いわば歯の職人さんです。

最近ではデジタルスキャンした歯の形のデータをもとにコンピューターで被せ物の形を設計して作るCAD/CAMという技術が進歩し、技工士さんの仕事が減ってきていると言われることもあります。

しかし、私が求めている精度や審美性を再現するには、今はまだCAD/CAMではなくしっかりとした技術や知識を持った技工士さんの手作業でないと無理だと思っています。

 

当院では被せ物や詰め物や入れ歯などそれぞれ専門分野の技工所にお願いしていて、同じ被せ物でも症例によって担当してもらう技工士さんが違うこともあります。

技工士さんと
審美歯科の技工をお願いしている歯科技工士の瓜坂さん。講演や執筆活動もされている技工士さんです。いつも素晴らしい技工物を作ってくださいます。

特に審美歯科には力を入れていて、とても信頼している技工士さんにお願いしています。

良い被せ物などを入れるには歯科医師・歯科技工士のそれぞれの技術が重要であることは言うまでもありませんが、歯科医師と歯科技工士の連携もとても重要です。

うまく連携できないと、思いもよらない物が出来上がってくることも実はあります。

そのため、特に審美歯科領域では技工士さんと電話やメールで意思疎通を図ったり歯や口の中の情報を写真に収めて伝達したりすることを欠かしません。

 

せっかくセラミックの被せ物を入れるなら、きれいで違和感なく、周りの歯と比べて可能な限り浮かないようにしたいと私は思っています。

そのために、技工士さんを信頼して連携を取って、技工士さんが最高のパフォーマンスを発揮出来るような環境作り(型採りまでの過程)をすることに日々励んでいます。

今年もしっかりとそのための努力を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

シェア

プラマインプラントのセミナー

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

先日、Sweden&Martina社のプラマインプラントのセミナーを受講しました。
プラマインプラントはSweden & Martina社とイタリアのDr. Ignazio Loiとの共同開発によって考案されたインプラントシステムです。

Dr. Loiは天然歯の補綴処置においてBiologically Oriented Preparation Technique(B.O.P.T)を提唱した先生です。
B.O.P.Tは健康で安定した歯肉をつくることを目的としたプレパレーションテクニックで、あえてフィニッシュラインを明確にせずフェザーエッジプレパレーションをすることによって自由にマージンラインを設定することができるというものだそうです。
そして設定したマージンから適切なエマージェンスプロファイルを与えた補綴物を装着することによって、外科手術を行わずに薄い歯肉を厚くしたり、歯肉を歯冠側に移動したり、ブラックマージンを防いだりすることができるようです。

プラマインプラントはこのテクニックをインプラントに応用したものです。

セミナーの講師はKU歯科クリニックの理事長である梅田先生で、”インプラントを成功させるための条件や方法について”、”B.O.P.Tについて”、”プラマインプラント埋入のデモ”、”ケースの紹介”といった講義内容でした。

 

続きを読む →

シェア

石井歯内療法研修会

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

少し前の話になりますが、2日間にわたって歯内療法のセミナーを受講しました。歯内療法というのは歯の根の治療のことで、歯の神経を取るとか歯の根の先に病気ができた時に行う治療です。

今回受けたのは、歯内療法で世界的に有名なペンシルバニア大学歯内療法学科のコンセプトを広めている、PESCJ(Penn Endo Study Club in Japan:ペンエンド)の石井宏先生が主宰する石井歯内療法研修会の2日間セミナーです。

歯内療法を成功に導くための問題解決能力を高める!

ということを目的とした講義を2日間みっちり受けました。

 

続きを読む →

シェア

iGOシステムの説明会

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

先日、先輩から紹介していただき、アラインテクノロジー社の新製品の先行説明会へ行きました。

アラインテクノロジー社はマウスピース矯正で世界トップシェアの”インビザライン”を扱う会社です。

歯科矯正といえば、ブラケットと呼ばれる金属や合成樹脂製の器具を歯に接着してワイヤーを使って歯を三次元的に動かす方法がよく知られていると思いますが、”インビザライン”はそういった器具は付けず、透明なマウスピースを使って歯を動かします。

透明なマウスピースを使用するため、矯正治療中も目立たないのが特徴です。

 

続きを読む →

シェア

『MTA全書』出版記念講演へ行きました

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

先日、『MTA全書』という本の出版記念講演を聞きに行きました。演者は日本の根管治療のスペシャリストである寺内吉継先生です。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)は歯科用の水硬性セメント(水との化学反応で固まるセメント)で、従来なら抜歯と診断されるような穴の開いた歯や、神経を取らなくてはいけないような大きなむし歯を保存的に治療するのに有効とされている材料です。

『MTA全書』はMTA開発者のMahmoud Trabinejad(マモウド・トラビネジャッド)先生の著書『Mineral Trioxide Aggregate: Properties and Clinical Applications』を、寺内先生が和訳したもので、多くのエビデンスに基づいた情報が集められたMTAの解説本です。

続きを読む →

シェア