iGOシステムの説明会

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

先日、先輩から紹介していただき、アラインテクノロジー社の新製品の先行説明会へ行きました。

アラインテクノロジー社はマウスピース矯正で世界トップシェアの”インビザライン”を扱う会社です。

歯科矯正といえば、ブラケットと呼ばれる金属や合成樹脂製の器具を歯に接着してワイヤーを使って歯を三次元的に動かす方法がよく知られていると思いますが、”インビザライン”はそういった器具は付けず、透明なマウスピースを使って歯を動かします。

透明なマウスピースを使用するため、矯正治療中も目立たないのが特徴です。

 

先行説明会の講師はニュージーランドで開業されているJason Ng先生で、ニュージーランドでインビザラインのトッププロバイダーだそうですが、矯正専門医ではなく、一般歯科医なんだそうです。

インビザラインは基本的に矯正治療を勉強して経験を積んでいる先生向けの矯正装置ですが、今回の説明会で紹介されたのはiGOシステムといって一般歯科医向けの矯正装置です。

どんな治療でもそうですが、治療を成功に導くためには、はじめの診査診断が非常に重要です。

iGOシステムではこの診査診断をサポートしてくれるツールがあり、これでiGO治療に適した症例を簡単に識別することができるそうです。

 

そのため、患者さんをiGOシステムで治療できるか、矯正歯科に紹介した方が良いかを一般歯科医でも簡単に判断しやすくなっています。

 

iGOシステムを利用すれば一般歯科医でも簡単な矯正が行え、期間や料金の面でも患者さんの負担を軽減でき、とても大きなメリットがある思います。

こういった治療をこれから積極的に取り入れていきたいです。

シェア