技工士さんとの連携を大切にしています

明けましておめでとうございます。谷川歯科医院 副院長の小林です。

2018年最初のブログは歯科技工士についてです。

歯科技工士は、歯科医師が患者さんの歯や口の中の型を採ってできた模型をもとに、手作業で被せ物や詰め物や入れ歯などを作る、いわば歯の職人さんです。

最近ではデジタルスキャンした歯の形のデータをもとにコンピューターで被せ物の形を設計して作るCAD/CAMという技術が進歩し、技工士さんの仕事が減ってきていると言われることもあります。

しかし、私が求めている精度や審美性を再現するには、今はまだCAD/CAMではなくしっかりとした技術や知識を持った技工士さんの手作業でないと無理だと思っています。

 

当院では被せ物や詰め物や入れ歯などそれぞれ専門分野の技工所にお願いしていて、同じ被せ物でも症例によって担当してもらう技工士さんが違うこともあります。

技工士さんと
審美歯科の技工をお願いしている歯科技工士の瓜坂さん。講演や執筆活動もされている技工士さんです。いつも素晴らしい技工物を作ってくださいます。

特に審美歯科には力を入れていて、とても信頼している技工士さんにお願いしています。

良い被せ物などを入れるには歯科医師・歯科技工士のそれぞれの技術が重要であることは言うまでもありませんが、歯科医師と歯科技工士の連携もとても重要です。

うまく連携できないと、思いもよらない物が出来上がってくることも実はあります。

そのため、特に審美歯科領域では技工士さんと電話やメールで意思疎通を図ったり歯や口の中の情報を写真に収めて伝達したりすることを欠かしません。

 

せっかくセラミックの被せ物を入れるなら、きれいで違和感なく、周りの歯と比べて可能な限り浮かないようにしたいと私は思っています。

そのために、技工士さんを信頼して連携を取って、技工士さんが最高のパフォーマンスを発揮出来るような環境作り(型採りまでの過程)をすることに日々励んでいます。

今年もしっかりとそのための努力を続けていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

シェア