あいうべ体操マスターコース

こんにちは。谷川歯科医院 副院長の小林一久です。

みなさんは『あいうべ体操』をご存知ですか?

あいうべ体操はみらいクリニックの院長である内科医の今井一彰先生が考案した体操で、舌の筋肉を鍛えることにより口呼吸を鼻呼吸に改善するための体操です。

今回、私はこのあいうべ体操のマスターコースに参加しました。

日々患者さんを診ている中で、口の中が乾燥している患者さんはむし歯予防や歯周病予防を指導しても改善が難しいことがあります。
また、自分の子供がぽかんと口を開けているのを見るとむし歯や歯肉炎だけでなく歯並びへの影響も気になって、なんとか閉じさせたいという気持ちになります。

そういったこともあって、あいうべ体操に興味を持って本を読んだり調べているうちにマスターコースの存在を知り、受講することに決めました。

 

マスターコース受講者は歯科医師、薬剤師、看護師など色々な業種の方が集まっていました。

薬剤師の方は「患者さんへの薬剤の無駄な処方を減らしたい」、歯科医師の方は「予防することで歯を削ることをできる限り減らしたい」、など熱い気持ちを語っていて、みんな分野は違えど同じ目標に向かっていると感じました。

今井先生自身も元々はいかに患者さんが病院に来なくて済むようするかを考えてあいうべ体操を考案したそうで、とにかく講演者、受講者ともにコースに参加しているみなさんから「予防したい」という気持ちを強く感じました。

 

歯科では口呼吸はむし歯や歯周病、歯並びに悪影響を与える因子のひとつとされています。

口呼吸の状態が続くと口の中が乾燥してプラークが溜まりやすくなり、だ液の自浄作用や抗菌作用がうまく働かなくなります。
その結果、むし歯になりやすくなったり歯ぐきの炎症が起こりやすくなります。

また、長期間の口呼吸では上あごが狭くなったり、上下の歯がかみ合わなくなったり、下あごが前に突き出るようなかみ合わせになったりと、歯並びにも大きな影響を及ぼすことがあり、特に幼少期は顔面領域の発育にも影響を与えるので歯並びの影響が出やすいと考えられます。

 

口呼吸による弊害は歯科では昔から言われていましたが、今まではただ「口呼吸をなくすようにしましょう」と言うだけで具体的な対策はほとんどありませんでした。
口が乾燥している患者さんにだ液が出やすくなるマッサージを指導することはありましたが、口呼吸を改善するような指導はなかなかできませんでした。

しかし、これからは口呼吸がある患者さんにあいうべ体操を指導することができます。

あいうべ体操の最大の利点は誰でも簡単にできるというところです。

また、あいうべ体操は元々は「鼻呼吸で健康になる」ことを目的に考案されたものです。

なので、予防歯科のために限らず、ぜひ多くの方に試していただきたいです。

 

今井先生はこのあいうべ体操を広めて病気で困っている人を一人でも多く助けたいと思っているそうです。

そしてこれを一人で広めることは難しいので、あいうべ体操を広めるアドバイザーを育成するためにマスターコースをおこなうこととなったそうです。

マスターコース受講後に認定試験を受けて合格すれば《あいうべ体操アドバイザー》としてより多くの方にあいうべ体操を広めることができるのですが、私も晴れてアドバイザーとなることができました。

今後は今回得た知識を生かして、より良い予防歯科を提供したいと思います。

興味のある方はぜひご相談下さい。

シェア

お子さんのむし歯予防のために②

こんにちは。谷川歯科医院 勤務医の小林志保子です。

前回、前々回とむし歯についてお話してきました(→ 『お子さんのむし歯予防のために①』、『どうやってむし歯ができるのか?』)が、今回はさらに食生活とむし歯についてお話したいと思います。

 

前回、むし歯のリスクファクターに食生活があるとお話しましたが、具体的にはどういうことでしょうか。

下のグラフは規則正しい食生活をする人のプラークのpHの変化と、食生活が不規則な人のプラークのpHの変化を比べたものです。

規則正しい食生活、飲み物は水かお茶

 

不規則な食生活、甘い飲み物も飲む

グラフの青い部分が再石灰化が起こる領域、赤い部分が脱灰が起こる領域、黄色は乳歯において脱灰が起こる危険性が高い領域です。

2つのグラフを見比べてみると違いは一目瞭然です。

下の不規則な食生活のグラフの方は脱灰がおこる頻度と時間がかなり長くなっていることが分かると思います。また、再石灰化が起こる時間が規則正しい食生活のグラフと比べて少ないことも分かります。

乳歯だと黄色い部分も脱灰が起こる危険性が高いので、さらに脱灰の量が増えます。

むし歯は脱灰に再石灰化が追い付かなくなった時にできるので、不規則な食生活ではかなりリスクが高くなるのです。

 

以上のことから分かるように

  • おやつは2回以下におさえる
  • だらだら食いをしない
  • 甘い飲み物は食事かおやつと一緒にし、他は水かお茶にする

ということはむし歯を予防する上ではとても重要です。

 

不規則な食生活というとお子さんの場合、時間を決めずにお菓子をちょくちょく食べさせるといったことや、冷蔵庫にジュースやスポーツドリンクが常備されていて欲しがればそれを飲ませるといったことなどが考えられますが、これらは改善すべきポイントです。

こういったことを日常的に行って、3歳になるころには多くの歯が虫歯になってしまったというお子さんを何人も見たことがあります。

食生活は習慣的なものなので、日ごろから気を付けて習慣化すればずっと気を付けられますし、日ごろから不規則な食生活をしていればずっと不規則なままです。

普段きちんとしていればたまに不規則な日があってもそれほど心配ありませんが、ときどき気を付けるようにしてもあまり意味はないということですので、規則正しい食生活を習慣化できるように意識しましょう。

むし歯予防のためだけでなく、全身の健康のためにも大切なことですね。

 

さて、ここからは余談ですが、「間食はしないしジュースも飲まないし歯もしっかり磨いています」とおっしゃるのにむし歯が多い方(大人も子供も)もいます。

むし歯のできやすさはだ液の質や量にもかなり左右されるので、そういったことが理由となっている場合もあります。

しかし、意外と盲点になっているのは飴やタブレット菓子(フリスクやミンティアなど)です。

こういったものにはむし歯になりにくい代用甘味料が使われていることも多いのですが、歯が磨けていて「おやつは食べません」と言っているのにむし歯が多いという方の中には、のど飴やタブレット菓子をたくさん食べるという方が結構います。

もし心当たりがある場合は、できればやめるか、あるいはキシリトールが多く(少なくとも50%以上、できれば100%)配合されているガムやタブレットに変えてみることをおすすめします。

キシリトールについてはまた別の機会にお話できればと思います。

シェア