東神奈川駅からすぐの歯医者(歯科医院) | むし歯治療、審美歯科、予防歯科なら谷川歯科医院

むし歯治療

むし歯の原因と進行

むし歯

むし歯はお口の中にいる原因菌(ミュータンス菌など)によって引き起こされます。原因菌は糖分を原料として酸を作り出し、その酸が歯を溶かして穴をあけることでむし歯となってしまうのです。
むし歯となっても穴のあいていない初期の段階では、再び歯の表面を修復してくれる再石灰化が起こることもあります。しかし、一度穴があいてしまえば元に戻ることはありません。また、むし歯がさらに進行すれば、歯の内部にある神経(歯髄)まで達し、最終的には歯の根の先端に膿が溜まることもあります。

むし歯の治療

むし歯となってしまった部分は削ってきれいに取り去り、そこに詰め物をしたり歯全体に被せ物をします。むし歯が歯髄まで達している場合は、歯を保存するために菌に感染した歯髄を取って歯の内部を洗浄・消毒して最終的に密封する根管治療という治療をおこないます。
当院では、歯を削る量を必要最小限にし、なるべく歯は抜かないで保存するという考え方を基本として治療をおこなっています。

小さいむし歯の治療

CR&In

大きい虫歯の治療

crown

根管治療

RCT