東神奈川駅からすぐの歯医者(歯科医院) | むし歯治療、審美歯科、予防歯科なら谷川歯科医院

妊婦さん

 

妊娠中は全身にさまざまな変化が起こりますが、お口の中も例外ではなく、その変化によりむし歯や歯周病が発生しやすくなります。また、妊娠中のお口の健康状態は生まれてくる赤ちゃんに大きく影響します。
そのため、妊娠中期(16〜27週)を目安に歯科健診を受けることをおすすめします。

 

妊娠中に発生しやすい口腔内疾患

妊娠中はつわり・食生活の変化、ホルモン分泌の変化、ストレスの影響などにより、お口の中にさまざまな変化があらわれます。その結果、妊娠時にはさまざまなお口の中のトラブルが発生しやすくなっています。

 

妊娠性歯肉炎・歯周炎

妊娠中は女性ホルモンの分泌が増加することなどにより、歯肉炎や歯周炎が発症しやすい環境となります。また、つわりなどにより歯ブラシが十分にできない場合があり、これも歯周病の大きな原因となります。重度の歯周炎により早産・低体重児出産のリスクが高まるという報告もありますので、検査して、予防などの対策をしっかり行いましょう。

 

妊娠性エプーリス

エプーリスとは歯肉にできる良性の腫瘤をいい、妊娠に関連したものを妊娠性エプーリスと呼びます。女性ホルモンの増加が影響していると考えられていて、通常痛みはなく、大部分は出産後に自然消失しますが、日常生活に支障をきたす場合は切除が必要なこともあります。

 

むし歯

妊娠中はつわりにより歯ブラシが十分にできないことに加え、間食の増加などによって口腔内の清掃状態が不良となりやすくなります。また、女性ホルモン増加の影響で唾液の性状が変化します。こういったお口の中の環境の変化によりむし歯が発症しやすい状態となります。

 

口内炎・口角炎

口内炎や口角炎が発症しやすくなる傾向があります。詳しい原因は不明ですが、ビタミン摂取不足や精神的ストレスなどの影響と考えられています。

横浜市妊婦歯科健診

当院は横浜市妊婦歯科健康診査の実施医療機関です。

受診対象者

横浜市内に住民登録のある妊婦の方

受診回数・費用

妊娠期間中に1回・無料

妊婦歯科健診受診券の交付

母子手帳と一緒に交付された健診券綴りに入っています

受診方法

お電話にてご予約ください(予約時間はできるだけ産科医療機関の診療時間内をお勧めします)

健診内容

視診によりむし歯・歯石・歯肉の炎症の有無等を診査し、健診結果に基づいて歯科保健指導をおこないます(レントゲン検査はおこないません)

受診時の持ち物

妊婦歯科健診受診券、母子健康手帳、産婦人科の診察券、保険証

注意事項

○ 健診の結果、治療が必要な場合は、医療保険による治療費がかかります。
○ 市外に転出された方は、受診券は使用できません。
○ 実施医療機関以外では、受診券は利用できません。

受診券の交付を受けず、歯科健診を受診した場合の費用の払い戻しは行いません。

○ 受診券を利用できる期間は、妊娠期間中のみです。

出産後は使用できませんのでご注意ください。

 

来院当日に痛みなどの症状や気になる部分があり治療やお薬をご希望される場合は、受診券を利用できない場合があります